本文へ移動する

公益社団法人 国民健康保険中央会

ケアプランデータ連携システム

 

 新着情報

[2022.11.28 更新]

ケアプランデータ連携システムページを開設しました。適宜こちらに情報を掲載していきます。

 

ケアプランデータ連携システムとは

 介護人材の確保が喫緊の課題とされる中で、介護現場の負担軽減や職場環境の改善は重要であり、厚生労働省において様々な取組が行われてきています。

 そういった取組の一環として、厚生労働省において、令和元年度に調査研究事業を実施し、居宅介護支援事業所と介護サービス事業所の間で毎月やり取りされるケアプランのうち、サービス提供票(予定・実績)をデータ連携するための標準仕様を作成し、公開しました。標準仕様を活用してデータ連携をすることで、介護事業所の文書作成に要する負担が大幅に軽減されることが期待されています。

 さらに、調査研究結果を踏まえ、安全な環境で効果的にデータ連携を可能とするため、「ケアプランデータ連携システム」の構築を行うこととし、令和2年度より調整を進めてきました。本会では、厚生労働省からの依頼により、このシステムの構築・運用を実施します。

 

(資料1)ケアプランデータ連携システムチラシVer.2(1.3MB)

(資料2)ケアプランデータ連携システムについてVer.2(2MB)

Q&A

 ケアプランデータ連携システムについてのよくある問合せをまとめました。

 

ケアプランデータ連携システムの問合せ一覧(0.7MB)