ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

質問

回答

Q1 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは何ですか?
新薬の特許が切れた後に販売される医薬品で、新薬と同じ有効成分を同量含んでおり、同等の効能や効果が得られると認められた価格の安い医薬品のことです。
 新薬と比べて価格が安いため、ジェネリック医薬品の普及によって、患者さんの自己負担や市区町村や国保組合等の保険者の負担が軽減され、国民医療費の抑制にもつながります。
Q2 ジェネリック医薬品の効き目や安全性に問題はありませんか?
新薬と効き目や安全性が同等であると認められたものだけが、厚生労働大臣によってジェネリック医薬品として承認されます。
 また、ジェネリック医薬品に対する信頼性を向上させるため、既に販売されているジェネリック医薬品についても、検査が実施され、検査結果を公表しています。
Q3 ジェネリック医薬品を使用するにはどうすればいいですか?
医療機関で医師や薬剤師にジェネリック医薬品を希望していることを伝えて下さい。
診察券あるいは保険証に、市区町村等で配布している「ジェネリック医薬品希望シール」を貼付したり、または「ジェネリック医薬品希望カード」を受付に提示したりする方法もあります。