介護保険制度について

質問

回答

Q1 介護保険制度はどのような制度ですか?
介護保険制度は介護が必要な高齢者が心身の状況や生活環境等に応じてサービスを選択し、できる限り在宅で自立した日常生活をおくることを目指す制度です。
 介護保険制度では40歳以上の全ての方が公平に保険料を負担し、介護が必要な高齢者やそのご家族を支えています。また、介護保険制度は市区町村が運営しています。
 詳しくは 介護保険制度とは をご覧ください。
Q2 どのような方が介護保険制度の被保険者になりますか?
40歳以上の全ての方が被保険者になります。65歳以上の方は「第1号被保険者」と呼ばれ、介護が必要であると認定を受けた方が介護サービスを利用できます。 認定を受ける際に、どんな病気やけがが原因で介護が必要になったのかは問われません。 40歳から64歳の方は「第2号被保険者」と呼ばれ、老化による病気(特定疾病 *)が原因で介護が必要であると認定を受けた方が介護サービスを利用できます。 特定疾病以外の原因で介護が必要になった場合は、介護保険の対象にはなりません。

*特定疾病
がん末期(医師が回復の見込みがないと判断したもの)、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症、後縦靱帯骨化症、骨折を伴う骨粗鬆症、初老期における認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、脊柱管狭窄症、早老症、多系統萎縮症、糖尿病性神経障害・糖尿病性腎症・糖尿病性網膜症、脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症、慢性閉塞性肺疾患、両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
Q3 認定された要介護度に不満があるのですが、どうしたらいいのでしょうか?
まず、お住まいの市区町村の担当窓口に問い合わせてください。 それでも納得いかない場合は、都道府県に設置されている「介護保険審査会」に審査請求を行うことができます。
Q4 支給限度額を超えるサービスを受けることはできますか?
できます。
ただし、支給限度額を超えた分の費用は、原則として全額利用者の負担となります。
Q5 高額な介護サービス費を支払ったのですが、払い戻しする制度はありますか?
高額介護サービス費の支給制度があります。
 介護サービスを利用して支払った1割の自己負担額が、1ヶ月合計で自己負担上限額を超えた場合、申請により認められれば、超えた分のお金の払い戻しが受けられます。
 詳しくは 介護サービス費が高額になったとき をご覧ください。
Q6 介護保険の保険料はどのように決められますか?
65歳以上の第1号被保険者と40歳以上65歳未満の第2号被保険者で計算方法が異なります。
 第1号被保険者の保険料は、被保険者ごとに計算されます。負担能力に応じて保険料を負担していただくため、各市区町村が所得の金額や世帯の課税状況に応じた保険料額を決めています。
 第2号被保険者の保険料は、国保加入者の場合、世帯ごとに計算されます。保険料額は第2号被保険者の所得、資産、人数等から計算されます。保険料率は市区町村毎に異なります。