本文へ移動する

公益社団法人 国民健康保険中央会

動作環境と必要機器

伝送ソフト(都道府県・市町村版)Ver.5 動作環境と必要機器

動作環境

動作パソコン:
 PC/AT互換機(DOS/V)推奨

動作OS:
 ・Windows 8.1 Update(64BitOS)
 ・Windows 8.1 Pro Update(64BitOS)
 ・Windows 10 Enterprise(64BitOS) LTSB 2016(バージョン:1607) 
 ・Windows 10 Enterprise(64BitOS) LTSC 2019(バージョン:1809)

必要メモリー容量:
 各種OSの推奨するメモリ容量以上

必要ハードディスク空き容量:
 300MB以上

モニター解像度:
 1024×768ピクセル以上

Webブラウザ:
 ・Internet Explorer 11

必要機器

高速回線(IP-VPN網、広域イーサネット網):
 国保連合会との接続環境によって異なりますので、詳細は国保連合会に確認してください。

ネットワーク機器(ファイヤウォール、ルータ、スイッチングハブ等):
 必要になるネットワーク機器は、国保連合会との接続環境によって異なりますので、
 詳細は国保連合会に確認してください。

UTPケーブル:
 ネットワーク機器とパソコンをUTPケーブルで接続します。

プリンター:
 印刷機能をご利用いただく場合は必要となります。

CD−ROMドライブ:
 インストール時に必要になります。

FD装置、MO装置、CD装置等:
 媒体暗号化ソフトをご利用いただく場合に必要となります。

導入時の注意

●このCD−ROMに収録したソフトウェアにより生じたいかなる障害についても、
 本会では責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

●導入するパソコンに既に通信回線システム(ファームバンキング等)が導入されている場合、
 介護伝送ソフトをインストールすると既存の通信回線システムもしくは介護伝送ソフトが
 稼動しなくなることがあります。

●導入する時は、他のプログラムを全て終了してからインストールしてください。

●伝送通信ソフト(都道府県・市町村版)は、一般に流通しているプログラムを組み込んで
 使っていますので、同じプログラムを組み込んで使用する他のソフトと併用する場合、
 そのプログラムが書き換えられ、先に導入していたソフトが動作しなくなることがあります。

●伝送通信機能は高速回線を使用しますので、ネットワーク構築作業を完了しておく必要が
 あります。
 詳細は国保連合会に確認してください。

介護伝送ソフトに関するお問合せ先はこちら

お申込みに関するお問合せ窓口 「介護伝送ソフト受付センター」
E-MAIL:mail-kds@supprt-e-seikyuu.jp
FAX:0570-059-455
電話:0570-059-405

操作方法に関するお問合せ窓口 「介護伝送ソフトヘルプデスク」
E-MAIL:k-denso@trust.ocn.ne.jp
FAX:0570-059-411
電話:0570-059-401